CATEGORY

インタビュー

団扇扇子商況/平井星光堂「祭り復活で竹うちわ半数回復」

インタビュー/(株)平井星光堂 平井孝治 社長 昨年より好調 うちわ・扇子の夏物商材は、昨年と比べて今年は大きな落ち込みがありません。昨年に落とした分くらいのカバーは今年はできていると言えます。ただし、3年前のコロナ禍以前の水準には戻っていませんが。 それでも今年は、地域のイベントや祭りが元の規模ほどではないにしても、大分復活してきました。大阪では天神祭が陸渡御だけですが復活し、祇園祭の山鉾巡行が […]

団扇扇子商況/伏見上野旭昇堂「若手クリエーターと職人がコラボ」

インタビュー/(株)伏見上野旭昇堂 上野泰正 社長 今年の夏物商品の販売状況ですが、イベントなどで配るポリうちわは去年は大きく減少し、今年も5月の連休まで大口の需要は消滅していました。ただ、5月以降、6月に入ってからは暑くなるとともにイベントやコンサート、野球観戦などが開催されるようになり、ポリうちわは昨年の1・5倍ほどの注文がありました。ネット会社など小口の注文が多いですが。竹うちわも大量注文は […]

【サステナブル商品開発】モーンガータ/化粧品をアップサイクル

「余ったコスメから画材が生まれる」と最初に記者が知ったのは約2年前。自分の引き出しの中にも残ったアイシャドーやチークといったカラーコスメはたくさんあったので、妙に心に引っかかりいつか取材をしたいと願っていた。コロナが少し落ち着いた3月、ようやくインタビューの機会を得て、㈱モーンガータ(東京都練馬区)代表、田中寿典氏を訪ねた。 使い切れないコスメの悩み 田中氏は以前、大手化粧品メーカーの研究職に従事 […]

岩田良/耐久・防汚・防水性に優れた 「黄色旗」普及にはずみ

㈱岩田良(岩田龍助社長)本社が所在する大阪府八尾市の西山本地区では、毎年行う防災訓練で「黄色旗を掲げる安否確認」訓練を実施している。台風や地震などの災害発生時に、自宅の玄関やベランダに「無事」と記載された黄色旗を掲げ、家族の安否を周囲に知らせる活動で、西山本地区を皮切りに他の地区にも広まりつつある。その黄色旗「安否確認フラッグ(無事旗)」の取り組みと経緯を沖見剛大阪営業所所長に話を聞いた。 全国自 […]

母の日・父の日ギフト/シャディ「販路限定商品の拡充と シーンの創出を推進」

シャディ㈱(東京都港区、飯田健作社長)が新企画満載の「母の日」「父の日」ギフトカタログを発刊した。MDコンセプトは「一緒に過ごそう」。コロナ禍で家族が気軽に会えなくなり、年に一度の母の日はいつもよりワンランク上のギフトを贈りたいという要望が高まっている。「今まで以上に想いを込めた贈り物」として、シャディならではの販路限定商品や差別化商品をふんだんに盛り込んだ。 「今年は単品でいいモノを提案するだけ […]

2022年頭インタビュー(後編)コロナ後へ始動! さらなる「専門性」の追求と「質」の向上

シャディ/飯田社長「お客様フォーカスのもと圧倒的スピードで成長」 ハリカ/原口社長「総合問屋の物流・MDを活かし新しい販路を開拓」 東栄産業/髙田社長「ギフトが取り持つコミュニケ―ションの力」 三喜/三谷社長「景気が徐々に回復し希望の年に 商品力を一段と強化」 ロワール/梶村社長「総合版カタログを大きく刷新 デジタル対応型に」 杉本カレンダー/杉本社長「継続的な設備投資でメーカーとしての地歩固める […]

2022年頭インタビュー(前編)/コロナ後へ始動!

さらなる「専門性」の追求と「質」の向上 リンベル 東海林 秀典 社長(ギフサ会長)/ブランディング強化で売上高1000億円へ アピデ 中村 雅昭 社長 /「企画情報卸」へ業態を進化 シャディ 飯田 健作 会長(ラオックス 社長)/ ショップの「接客・専門性」をDXで数値化 全協 高田 廣一 会長(丸廣 社長) /受注は前倒し気味、厳しい状況はまだ続く JCAL 宮﨑 安弘 会長(新日本カレンダー […]

CRM「デジタルでつながる顧客管理」/大トウ 米谷善文社長

今、盛んに「DX」が叫ばれていますが、一番のポイントは顧客増なのか、自社の生産性・業務効率のアップなのか。我々は「DXでビジネスモデルを変革しましょう」、「デジタルチェンジが一番大事だ」と訴えています。 デジタルチェンジの肝になるのが「カスタマーリレーションシップマネージメント」(CRM)です。“デジタルでつながる顧客管理”。これがこれからの小売業のすべてです。 顧客管理を推進するスマホ この顧客 […]

インタビュー/岩田良 岩田龍助 会長兼社長「時代に合った商品に 進化させる」

販促品総合メーカー㈱岩田良(大阪府八尾市)は岩田龍助会長が社長に再就任した。同氏は昨年5月に亡くなった創業者・岩田良三氏の長男で、グループ会社㈱満天社(大阪市)の社長を務める。11年ぶりに再び2社の社長を兼任することになった。 両社共にプラスチック製品とタオルが主力の企業だが、“小売り向け(店頭)”生活用品を開発するのが満天社。一方、岩田良では販促や景品・記念品向けに“名入れ”がマッチするデザイン […]

トップインタビュー/シャディ 冨田範彦 社長「新しい需要切り拓く5つの新事業戦略」

シャディの社長に就任して1年3カ月。冨田社長の経営施策が「5つの新事業」という形で姿を現した。従来のギフトショップでは扱わない商材やサービスも多く、次代のギフトの方向性を大胆に指し示している。新事業の狙いとこれまでの成果を聞いた。 アマゾンに8年間勤務 Q まず冨田社長のプロフィールを簡単にご紹介頂くとともに、今年度上半期の業績が堅調に推移している要因として挙げられる5つの新事業への取り組みについ […]