2020台湾生活用品及びパテント商品オンライン商談会「コロナ対策商品や食品が増加」

56社出展・バイヤー117社 中華民国経済部国際貿易局と台湾貿易センターが主催する「2020台湾生活用品及びパテント商品オンライン商談会」が、9月15日開かれた。今年で25回目。注目の生活用品、エコ用品、文具、美容用品に新たに食品企業を加え、台湾企業56社が参加した。今回はコロナ感染症対策のため初のオンライン形式の商談会となり、オンラインのWEBカメラで担当者と直接顔を合わせ、サンプル商品や資料を […]

タカスギ/ギフトライブラリー総合版2021「巣ごもり、新家食応援の新企画

㈱タカスギ(岐阜県北方町)は、食品・石鹸・洗剤ギフト総合カタログ「ギフトライブラリー総合版2020秋〜2021年度VOL78」を発刊した。A4ワイド判109ページ。表紙はエコバッグに食品を盛り込んだイラストで、「心に残る品を、心をこめて贈りたい」と訴えた。 同社の特徴である巻頭の新企画、今年は「巣ごもり」と「新家食応援」をテーマにした。「巣ごもり」は、おウチ時間や新しい生活様式を応援しようと、プレ […]

新日本カレンダー/異業種コラボ企画 「大好評の和菓子ばこ 第2弾はお月見」

新日本カレンダー㈱(本社大阪市)が運営するウェブサイト「暦生活」で、「和菓子ばこ夏のおすそわけ」から続く第2弾「和菓子ばこ秋のおくりもの」の販売が10月1日から開始された。 暦生活は毎日暦にまつわる情報を発信、Twitterのフォロワーは16・4万人に上る超人気サイトである。季節を反映した日本ならではの美しくおいしい文化である和菓子。暦生活のサイトでも和菓子にまつわるコンテンツは毎回反響が大きい。 […]

トーダン/初のウェブセミナー「リモートでわかったカレンダーの大切さ」

9月16日、トーダンがウェブ会議システム「ZOOM」を利用した30分セミナーを開催した。強口邦雄社長の価値ある一冊セミナー「新生活様式における変化と対応」、トーダンの“ユーチューバー”としてお馴染みの森晃宏氏が「コロナ禍でも負けないカレンダー」をテーマに新企画を紹介した。 セミナーは1回目(14時)と業務終了後にも参加できるように2回目(19時03分)の2回配信。なお、19時03分は、同社の創業年 […]

ライフスタイルWeek関西「関西初開催8123人来場、Withコロナに向け 新商品続々」

9月9日から11日の3日間、「ライフスタイルWeek関西」がインテックス大阪で開催された(主催リードエグジビションジャパン)。 同展はトレンドの新製品が集まる展示会として毎年1月と7月に東京で開催してきたが、関西では初めて。西日本の小売店バイヤーからの要望を受け、実現した。 会場は雑貨・紙製品展、ファッション雑貨、インテリア雑貨、ヘルス&ビューティグッズの5つの専門展で構成、約190社が出 […]

第10回ライフスタイルWeek夏/オンライン展も併催

関西展に先立って開かれた「ライフスタイルWeek夏展」(9月2〜4日/東京ビッグサイト)は雑貨、文具、ファッション、美容、インテリア、食器、花の商談展である。110社の初出展を加えた410社が揃った。コロナ禍の影響で実に、半年振りの活況が戻りつつある雰囲気だった。 コロナ禍での開催とあって、徹底した感染対策を繰り広げた。マスク着用は当然ながら、会場への入り口では手指の消毒、体温測定と担当者が付きっ […]

コロナ禍の商品開発/京都深村「新発想のマスクで勝負をかける」

京都市内中心部からは外れた住宅街の中、風情のある京町家にのれんがかかった店舗が「京都深村」である。コロナ禍でヒットしたのは、アマビエどらやきとアマビエTシャツ。店舗の奥ではどらやきを製造中で、甘い香りが辺りにただよう。店内には多種多様なアイテムが並んでいる。深村圭社長の次々と湧き出るアイデアから、斬新な商品が生み出されている。「これから力を入れていきたい新商品」が誕生したと聞き、取材に伺った。 京 […]

インタビュー/大阪文具工業連盟専務理事 池田文彦 氏「初のウェブ開催で見えた可能性と課題」

毎年8月に開催される全国でも最大規模の文具展示会「文紙メッセ」。今年は、コロナ感染拡大防止のため、会場開催から初のウェブ開催に変更された。会期は8月1日から31日、ウェブアクセス数は10万3272回と目標の10万アクセスを達成、出展各社からも喜びの声が上がった。初のウェブ開催を終えての感想を主催の文紙MESSE協議会事務局代表、(一社)大阪文具工業連盟専務理事の池田文彦氏に聞いた。 10万アクセス […]

第15回 総務・人事・経理Week「コロナ禍によるビジネススタイルの変化」

「総務・人事・経理・法務・経営者」が来場する世界的にもユニークな展示会。管理部門向けのあらゆる製品、サービスが一堂に出展した。 コロナ禍の影響によりリモートによる営業活動などビジネススタイルの変化や、台風や大雨、強風により自然災害の多発など昨今の現実がある。そんなビジネススタイルの変化を同Weekが見事に捉えた。 続きは2020年11月号(10/15発行)掲載 購読のお申し込みはこちら

新型コロナ影響と対策第4弾/アフターコロナの店づくりに関心大

中元商戦を終えた全国のギフトショップ。前年比で落ち込みを覚悟していたが、結果は前年並みまたはそれ以上の成果を出すところが多かった。7、8月の商況は4〜6月と比べ、明らかに回復傾向を示した。ただ、秋以降もこのペースで進むかどうかは別問題。各ショップから楽観論は聞かれない。 “アフターコロナ”が視野に入りつつあり、コロナ後の商品づくり、店舗づくり、業態変革に対する関心が強くなっている。各店の経営トップ […]