関西ホテル・レストランショー/大阪の感染者増で厳しい来場結果に

7月29〜31日/インテックス大阪  主催 日本能率協会 コロナ禍で多くの展示会が中止・延期されたなかでの初の大規模展。来場者は初日が1305人、二日目1262人、最終日1014人の計3581人、入場制限などが実施されたものの事前予想(8000人)の45%だった。 同展は新型コロナで急ブレーキがかかったが、右肩上がりが続く関西圏のホテル・レストラン市場に焦点を当てた専門見本市。2018年以降、関西 […]

カタログギフトのMD/東急ハンズ「店舗の楽しさを疑似体験」

東急ハンズのカタログギフト「from hand to hand(フロムハンドトゥハンド)」。贈り物を選ぶひと手間をかけ思いを込めることができるカタログギフトとして前回取材したのは2012年、6つのテーマから贈り先に合わせて3つのテーマを選んで送るというユニークなカタログだった。その時に掲げたのは「ハッピーなものを作る」「内製化」、そして「東急ハンズらしさを出したい」という制作コンセプトだ。 現在の […]

スタイレム/今治謹製 表参道「全シリーズ揃う初の旗艦店」

和モダンテイストの店 スタイレム㈱(大阪市、酒向正之社長)は8月1日、タオルブランド「今治謹製」の初の旗艦店「今治謹製 表参道」を東京・北青山にオープンした。「今治謹製」は累計販売個数1000万個突破の大人気ブランドだが、路面店進出は初めて。これまでの卸事業に小売事業を加えて、「今治謹製」のブランド価値を多面的に訴求していく。 同店は地下鉄「表参道」駅から歩いて2分という好立地な場所にあり、周囲は […]

藤田商店 藤田和夫 社長「次のギフトのビジネスモデルは」

このコロナ禍で、リモートワークでもかなりの仕事がこなせることが判った。決済用のビジネスアプリでゴーか待ったかの指示ができ、契約以外などの決済業務でハンコを押すためだけに会社に出る必要はほとんどない。仕事の進捗や情報はグループウエアで共有、ネット会議は本音が出ないといぶかる向きもあったが、上司が回りにおらず、かえってプレッシャーから解放されて普段発言しない人が積極的に話している事例もあるようです。リ […]

大和「家庭画報」 一期一会の美味との出合いを贈る

“美食・グルメ”に特化 ㈱大和(長野県安曇野市、山本友延社長)は9月1日、新刊カタログギフト「家庭画報」を発売する。年内は大丸松坂屋、直営のアンティナギフトスタジオ、家庭画報ショッピングサロンで先行発売し、年明けから全業態に向けて販売を展開する。 カタログギフト「家庭画報」は、A4変形判・132ページ。5000円・1万円・1万5000円・2万円の4コースを揃える。最大の特徴は“美食・グルメ”に特化 […]

故 岩田良三会長「お別れ会」 持ち前の商才とバイタリティを偲ぶ

7月17日、シェラトン都ホテル大阪で、本年5月5日に享年90歳で亡くなった岩田良三代表取締役会長の「お別れの会」が執り行われ、親族・業界関係者ら216人が故人を偲び献花した。主催は㈱岩田良(大阪府八尾市)と関連会社の㈱満天社(大阪市)。 参列者全員で黙祷を捧げ、岩田会長の生涯と功績をスライド鑑賞、続いて弔辞は、カネエム工業㈱(大阪府八尾市)代表取締役相談役・島田恒幸氏と住江合成工業㈱(大阪府八尾市 […]

日本製にこだわった 感染対策グッズ/岩田良

販促品の総合メーカー㈱岩田良(大阪府八尾市)より、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染予防という「ニューノーマル」なライフスタイルに対応するノベルティグッズが新発売された。粗品や景品、入会記念など幅広い業種の販促品として、また、DM添付品としても販促効果は大きい。ともに安心安全の日本製である。 手洗いのリマインダーに 正しい手洗いのマニュアルを全10手順に分け、わかりやすくイラストでプリン […]

テーブルトップ誌上展示会「お洒落、華やか、特別感の新商品」

佐治陶器/グリル陶板や鳥獣戯画土鍋 三郷陶器/お洒落カップやユニバーサル食器 前畑/日常を特別にするコーヒーアイテム アイトー/口当たり良い泡作るビールタンブラー セラミック藍/紅型、古伊万里の華やかさを映す   続きは2020年9月号(8/15発行)掲載 購読のお申し込みはこちら

インタビュー/平井星光堂 平井孝治 社長「フォローの風吹く業種を攻める」

コロナ禍の影響で、今年のうちわ・扇子の商況は非常に厳しいものになっています。7月中旬の段階で、ポリうちわと竹うちわを合わせたうちわの受注合計は、前年比70%くらいで3割減という状況です。前月の予想ではもう少し回復するかと思っていましたが至りませんでした。 6月段階では扇子はまずまずの動きでしたが、神社・仏閣が祭りを中止して来ましたので、イベントがらみの販売がなくなってしまいました。祇園祭も天神祭も […]

インタビュー/伏見上野旭昇堂 上野泰正 社長 「新しい切り口」で配布をアピール

曲がり角の大量配布 うちわ・扇子などイベントで粗品や販促商品として配るものが壊滅的な打撃を受けました。プラうちわは前年比7割減です。博多どんたく、祇園祭、ねぶた祭と大きなイベント・祭りが中止になり、業界として大きな影響を受けています。土産物店は閉店状態が続き、需要は大減少です。とにかく、コロナウイルスで社会が変化することは否めません。生産性が低下し、集客が必要なイベントの開催は今後難しくなります。 […]