CATEGORY

データ

コロナ禍におけるお葬式「自粛による最小規模の葬儀は緩和へ」

㈱鎌倉新書(東京都)は2020年、「第2回コロナ禍におけるお葬式の実態調査」を実施。「自粛による最小規模の葬儀は、緊急事態宣言下のピーク時と比較して緩やかになっている」と発表した。(8月中旬〜9月上旬に実施したインターネット調査。提携葬儀社の有効回答社数は120社) 調査から次のことが明らかに。 ①緊急事態宣言以降、直葬は減少トレンド。家族葬、1日葬、一般葬は上昇トレンド ②葬儀の規模は「今後回復 […]

2020炊飯ジャー・ ポット・ステンレスボトル 概況

炊飯ジャー昨年並み 社団法人日本電機工業会がまとめた「2020年度電気機器の見通し」によると、2019年度は白物家電分野で、省エネ製品・高付加価値製品など消費者ニーズを捉えた製品などが堅調に推移したが、全体で前年度をやや下回る見込みとなった。国内出荷2兆4561億円、前年度比99・5%。電気洗濯機は106・0%と好調で、電気冷蔵庫は100・0%、ジャー炊飯器も100・1%と前年度並みを維持している […]

アンケート速報/19歳暮商戦「ギフトのカジュアル化に呼応、手土産・自家需を拡充」

消費増税後初の商戦となった2019歳暮は、一昨年のようなスタートダッシュが見られず苦しい幕開けとなった。11月には早期割引や数々の特典効果で挽回するも12月には失速。最終結果としては前年割れを強いられたという流れが多くの店舗で起こった。しかし特に増税の影響を感じなかったという回答も複数社あった。 ギフトのカジュアル化が進み、クリスマスや年末年始などのオケージョンギフト、低価格の手土産ギフトの提案が […]