CATEGORY

カタログ

2021カタログギフトの動向と新刊紹介「カード型伸長も紙媒体と共存へ」

昨年春先の需要喪失期を除けば、1年半以上に及ぶコロナ禍にもかかわらず、カタログギフトの売れ行きは堅調に推移している。「品選びに迷ったらカタログギフトという本来持つセオリーがコロナ禍で活かされているのでは」(ギフト専門店)との寸評もある。 本項ではカタログギフトの用途・販路別の需要動向、カード型も含めた電子カタログの取り組み、これからの需要開発につながる新商品(新しい切り口)、新刊カタログギフトを発 […]

2021総合カタログ/「防災」が増頁、「ニューノーマル」に対応

2021年度版のギフト総合カタログは、コロナ禍を背景に「防災・防犯」が大きくページ数を伸ばした。ピエットが10頁、アピデ9頁、ジープラン4頁それぞれ昨年対比ページを増やしたほか、リボンハーツは頁数据え置きながらもアイテムを充実させ、ハリカはニューノーマル(新生活様式)の切り口で衛生用品を掲載した。 「防災」という言葉が業界に登場したのは1990年ごろ、当時は台風や豪雨などの風水害に備えての性格が強 […]

2020歳暮カタログ/巣ごもり消費に「極上グルメ」、「産直品」拡充で物流費削減

2020年歳暮カタログが出揃った。先立つ中元は、コロナ禍で迎えたはじめての商戦とあって各社とも身構えていたが予想以上に健闘、大きな落ち込みがなく、むしろ生産在庫調整していたメーカー品に欠品が相次いだ。実家や知人にギフトを贈る需要が増えたことや、外出自粛により、自宅で楽しむお取り寄せギフトが堅調に動いたことが主な要因だ。 この中元で明らかになったニューノーマルは年末年始商戦でも、自宅で楽しむ巣ごもり […]

ハーモニック/テイク・ユア・チョイス「多彩なブランド、体験・温泉」

㈱ハーモニック(新潟県三条市)は10月、カタログギフト「テイク・ユア・チョイス」の2020・2021年版を発刊した。B5判サイズで、華やかなフラワー写真で表紙を飾っている。 カタログの特徴は、〔ポイント1〕コース最大約2570点掲載。人気のグルメもコース最大136ページ・約300点を掲載している。アイテムが満載で内容の充実したカタログギフトだ。 〔ポイント2〕幅広い商品を取り揃えた豊富なラインナッ […]

2020歳暮の話題/ひな鶴「おうち時間をグルメで楽しく」 巣ごもり消費にも対応

「コロナ禍でも、思ったよりも中元は落ち込まなかった」と語る食品ギフト問屋㈱ひな鶴(大阪市)の青谷貞寛社長。歳暮商戦が踏ん張りどころと、社是の「食を通じて社会に貢献する」を改めて全社員で共有・確認し供給体制を整えている。 2020歳暮カタログは「華やかにこころを込めた冬ギフト」をテーマに作成。巻頭は“美味しい迎春”と題し、伊勢海老、数の子、杵つきもちなど晴れやかに寿ぐ雅やかなお正月にふさわしい商品を […]

タカスギ/ギフトライブラリー総合版2021「巣ごもり、新家食応援の新企画

㈱タカスギ(岐阜県北方町)は、食品・石鹸・洗剤ギフト総合カタログ「ギフトライブラリー総合版2020秋〜2021年度VOL78」を発刊した。A4ワイド判109ページ。表紙はエコバッグに食品を盛り込んだイラストで、「心に残る品を、心をこめて贈りたい」と訴えた。 同社の特徴である巻頭の新企画、今年は「巣ごもり」と「新家食応援」をテーマにした。「巣ごもり」は、おウチ時間や新しい生活様式を応援しようと、プレ […]

カタログギフト動向調査/ニーズの細分化、WEB対応に発展余地

1987年(昭和62年)、“貰い手志向”に応える新しい時代の新しいギフトシステムとして、シャディ㈱が「アズユーライク」(3000円〜1万円まで5種類)を発表した。当時は「重たい引き出物の持ち帰りから解放される画期的なシステム」と手放しで歓迎された一方で、「商品選びを相手に任せるは無責任。これはギフトではない」とまで批判されるなど業界は賛否両論が渦巻いた。 しかし、「披露宴に3回出席したが、3回とも […]

カタログギフトのMD/東急ハンズ「店舗の楽しさを疑似体験」

東急ハンズのカタログギフト「from hand to hand(フロムハンドトゥハンド)」。贈り物を選ぶひと手間をかけ思いを込めることができるカタログギフトとして前回取材したのは2012年、6つのテーマから贈り先に合わせて3つのテーマを選んで送るというユニークなカタログだった。その時に掲げたのは「ハッピーなものを作る」「内製化」、そして「東急ハンズらしさを出したい」という制作コンセプトだ。 現在の […]

大和「家庭画報」 一期一会の美味との出合いを贈る

“美食・グルメ”に特化 ㈱大和(長野県安曇野市、山本友延社長)は9月1日、新刊カタログギフト「家庭画報」を発売する。年内は大丸松坂屋、直営のアンティナギフトスタジオ、家庭画報ショッピングサロンで先行発売し、年明けから全業態に向けて販売を展開する。 カタログギフト「家庭画報」は、A4変形判・132ページ。5000円・1万円・1万5000円・2万円の4コースを揃える。最大の特徴は“美食・グルメ”に特化 […]

「日本の極み」 ポイント式カタログギフトとして誕生/リンベル

リンベル㈱が7月23日、オリジナルギフトブランド「日本の極み」の商品のみを掲載したポイント式カタログギフト「日本の極み スマートギフト」を発売した。リンベル公式ホームページと、同日にオープンした西武池袋本店内「リンベル カタログギフト ブティック」で先行販売した。 「日本の極み」は安心・安全、高品質にこだわった同社オリジナルのギフトブランド。同社は5年にわたり、カタログギフト事業を通じて培った日本 […]