CATEGORY

ケーススタディ

ラオックス道頓堀店/女性をターゲットに食がテーマの新店開業

6月18日、総合免税店のラオックス㈱(東京都港区)が食をコンセプトにした新店舗、ラオックス道頓堀店(大阪市中央区)をオープンした。午前11時からは来賓、報道関係者らを招いたオープニングセレモニーが催された。 冒頭の挨拶で羅怡文社長は「ラオックスの現状の業績は厳しいですが、リーディングカンパニーとして前進、挑戦していく。この新店の立ち上げもそうです。食をテーマにしていますが、家電、化粧品、食品を思い […]

幸南食糧/新食品開発センター「マイクロ波加熱調理殺菌システム」導入

幸南食糧㈱(大阪府松原市、川西孝彦社長)は6月17日、同社の食品開発センターに食品、農業、ギフト関連の報道関係者ら約20人を集めて「新食品開発センタープレス内覧会・試食会」を開いた。同社が新規に導入したMICVAC社「マイクロ波加熱調理殺菌システム」を紹介するとともに、地元の食材を使用した調理食品を試食。食品としてのクオリティの高さや保存期間の長さ、地域農産物の新しい流通への展望などをアピールした […]

モノ+コトのキャンピング/ロゴスのアウトドアテーマパーク

メープルのロゴマークが印象的なアウトドアブランドの㈱ロゴスコーポレーション(本社大阪市)と京都府城陽市がコラボレーションした「ロゴスランド」は開業からちょうど2年となる。バーベキューやフィールドアスレチックなどのアウトドアアクティビティのほか、ホテルの室内でテント泊が体験できる日本でここにしかないテーマパークである。 コロナウイルスの影響によりベストシーズンともいえる4月初めから2カ月近くの休業を […]

コロナ禍の仏事ギフト動向「法事キャンセルも、 香典返し堅調」

葬儀は小規模・簡略化か 緊急事態宣言が全国的に解除されても、気を緩めることができない新型コロナ感染症問題。3月〜5月はギフト業界もコロナ禍の大きな影響を受けた。仏事関連への影響をギフト専門店の取材から整理すると次のようになる。 ◦法事・法要の延期、キャンセルが増加 ◦家族葬・直葬が増加。葬儀には身内だけしか呼ばない ◦葬儀に参列しなくても香典は送る ◦香典返し・後返しは継続され、中には昨対比増の店 […]

新ブライダルサービス/ワイアンドカンパニー、少額制「ウィッシュリスト」立ち上げ

新型コロナウイルスの影響で生活やビジネスのリモート化が急速に進み、その波はブライダル業界にも広がっている。相次ぐ挙式の中止を背景に、挙式動画を配信する「ウェブ婚」などオンライン完結型の挙式サービスが続々と登場。新型コロナ終息後も新しい選択肢として定着するかどうかが注目される。 今回紹介するのは、オンライン上で結婚の報告ができるサービス「リモートウエディング」を5月に開始したワイアンドカンパニー合同 […]

ノベルティにも人気、オリジナル絵本 「ウィッシングブック」

外出自粛の影響で、家で過ごす時間が増えている。そこで人気再燃の予感を感じさせるのが絵本ギフトだ。 通信館が手掛ける「ウィッシングブック」は、1994年にカナダから日本に上陸した。自分(贈りたい相手)が物語の主人公となって活躍することができるというものだ。日本ではそこまで知られていないが、米国ではギフトに幅広く利用され、すでに2000以上の企業が取り扱っているという。 同ブックはオリジナル絵本の草分 […]