CATEGORY

ニュース

「仕送り便」新しい贈(送)り方 、フジキコーポレーションが考案

新しいギフトの贈(送)り方「仕送り便」が話題を呼んでいる。考案したのはギフト専門店チェーンのフジキコーポレーション㈱(松江市、藤原茂紀会長兼CEO)。 一人暮らしのお子さんや単身赴任中の家族への仕送りに、5000円以上の買い上げで送料・箱代が無料となる。ミソは同店での購入商品を詰めたあと、空きスペースに衣類や母親の手料理などが詰められること。そのため〝仕送り箱”は大きめの段ボール箱を用意した。 & […]

2021ギフサ総会/理事会「DX・働き方改革・SDGs 、総会をYouTubeで動画配信」

(一社)日本ギフトサプライヤー協会(ギフサ)は5月20日、緊急事態宣言により本年度の理事会をオンラインで開催。続く「2021ギフサ総会」をyoutubeで動画配信し、会員限定に5月21日から31日まで公開した。 総会は東海林秀典会長が冒頭で「コロナ禍の厳しい状況が続いていますが、ギフトのネット通販が活況です。従来のギフト業者ではなく、異業者の参入が加速化しています。そうした状況を踏まえ、業界として […]

リンベル/母の日ギフト2021「大好評で豊富なラインアップに」

リンベル㈱(東京都中央区、東海林秀典社長)は、3月25日から自社ウェブサイトにて母の日ギフトの販売を開始した。 母の日ギフトはカーネーションをはじめとした花が定番だが、ギフト選びに悩む人が意外と多い。同社(ギフト総合研究所)では、2021年1月21日から25日まで、2020年に子供から母の日のプレゼントをもらった女性400名を対象にネット調査を実施。その結果、実際に貰って嬉しかった母の日ギフトは定 […]

今治謹製 表参道/スタイレム瀧定大阪「リピーター、ネット売上げ増加」

昨年8月に東京・北青山にオープンした「今治謹製 表参道」(スタイレム瀧定大阪㈱)。初の路面店進出から8カ月が経ったが、予想以上の手応えを得ているようだ。 この店だけで販売するオリジナル限定商品が数種類並ぶようになり、ネットにない商品を探す楽しみを来店者が持ち始めた。同店の一番の人気シリーズは、累計トップの「紋織」シリーズではなく「極上」シリーズである。ネットの売上げがオープン前の2倍近くに。百貨店 […]

2020歳暮商戦/全国13百貨店調べ「帰歳暮」「ネット」が売上げ牽引

百貨店13社の歳暮は中元に比べ売上げが回復したことが明らかになった。オンラインや電話など非対面受注への誘導施策を図ったことで、ネット注文への移行が加速。ECサイトオンリーの商品企画や割引キャンペーンが奏功した。 身近な人に贈るカジュアルギフトは歳暮においても増加していたが、その傾向が一層強まった。帰省しない代わりに贈る「帰歳暮」や会えない人に贈る「パーソナルギフト」が急伸し、「のし掛け不要のギフト […]

リンベル/博多・松山に2店舗連続オープン リンベルギフトコーナー

2月にリンベル㈱(東京都中央区)が百貨店内にカタログギフト専門店「リンベルギフトコーナー」を2店舗連続でオープンした。2月16日に「博多阪急」7階(福岡県福岡市)、25日に「松山三越」4階(愛媛県松山市)に開設。九州、四国エリア内は初出店である。 2016年10月の名鉄百貨店本店での出店を皮切りに、百貨店内にカタログギフト専門店を相次いで展開してきた。今回で計17店舗になった。 「博多阪急」は、九 […]

新管理システム「ギフぽん」 受発注処理を一元管理、守りの武器に

㈲プラス(愛知県半田市、渡辺剛道社長)は、ギフトの受注・発注にまつわるデータを一元管理できるシステム「ギフぽん」を開発、2月から発売を開始した。これは顧客情報、商品情報、オプション情報のすべてが1つになった管理システムで、㈱マイルーム(同)のギフト販売20余年のノウハウを凝縮、受発注作業の効率を各段にアップさせている。 従来は見積書、発注書、請求書などを個別データで管理していたが、重複作業が多く、 […]

賀詞交歓会/日本ボランタリーチェーン協会「コロナ後のパラダイムシフトの変化に対応」

1月14日、(一社)日本ボランタリーチェーン協会(東京都台東区)の令和3年新春賀詞交歓会は120名超がホテルに集い、オンラインとのハイブリッドでの予定だったが、緊急事態宣言の発令により急遽You Tubeによる配信に切り替えられた。 はじめに泉田幸雄会長が年頭挨拶。まず、4月7日から一カ月半にわたり緊急事態宣言が発令、酒類販売管理者の研修が中止を余儀なくされ、5月、6月の理事会と総会はオンラインで […]

グッドデザインベスト100「常識を覆す新機能に注目」

先見性にあふれた個性的な商品が集まる「グッドデザイン・ベスト100」。毎年開催される「グッドデザイン賞」受賞対象商品のなかで、審査委員から特に高い評価を受けた100点である。社会が直面する課題を解決するもの、あるいは機能的でコンパクトな次世代型デザインであることが求められる。主催は公益財団法人日本デザイン振興会。 2020年は商品点数1400点の中から選出。アップサイクルなどの環境配慮型商品、コロ […]

大伸社/バーチャル展示会プラットフォームサービスを開始

㈱大伸社(大阪市)は、見本市や新商品発表会をバーチャル空間で開催、出展できるプラットフォームサービス「meet×meet(ミーツ)」を11月4日から開始した。 賑わい感じるバーチャル空間 新型コロナウイルスの拡大が懸念されている中で、イベント・展示会が相次いで延期・中止になり、商談機会は大幅な減少傾向にある。この問題の解決に向けて同社は、長年にわたるデジタルコンテンツ制作支援業務や展示会の企画・運 […]