SELECT セレクト カタログ&商品検索の業界サイト

ホーム > 記事一覧 > 記事詳細

「ハラール対応」商材に注目/FOODEX JAPAN

[業界イベント] 2016-03-11 10:40:14
昨年立ち上げた静岡茶販売拡大協議会が訪日外国人向けに発売した静岡ブランドンの茶
昨年立ち上げた静岡茶販売拡大協議会が訪日外国人向けに発売した静岡ブランドンの茶 
ナンに炒めた羊肉を巻いた料理を試食用に提供するスパイスハウス
ナンに炒めた羊肉を巻いた料理を試食用に提供するスパイスハウス

アジア最大級の食品・飲料の専門展「FOODEX JAPAN」(主催・日本能率協会)が、3月8日から11日まで幕張メッセで開かれた。
 41回目となる今回は、世界79ケ国・地域から過去最多の3000社(国内1200社・海外1800社)が出展。TPP(環太平洋経済連携協定)で需要の拡大が期待され、飲・食品メーカーは好機と捉えている。さらに世界的に「和食」ブームが続く中、海外バイヤーの熱い視線が注がれた。

注目は、ムスリム(イスラム教徒)を意識したハラール対応商材が充実したこと。つまり、イスラムの教えで「合法」「許されたもの」という意味のアラビア語がハラール。訪日外国人が年々増え、文化や生活スタイル・飲食の習慣が異なるムスリムにはアルコール類、豚肉を使った料理などは禁忌だ。「観光日本」を目指す企業にとってハラール対応製品の拡充が急務となっている。

神奈川県相模原市に本社を置く㈱スパイスハウスは、ナンに炒めた羊肉を巻いた肉料理をハラール商品としてアピールした。
静岡の11農協が加盟して昨年発足した静岡茶販売拡大協議会は、訪日外国人向けに「静岡ブランド茶」3タイプを発売した。JA静岡経済連東部支所・茶業課の鈴木真人氏は「ハラール商品としても意識している」と力説する。
ハラールに対応したレストランやショップ、メーカー、ホテルなどの拡充により、日本通運もハラールの認証を今年2月に取得したばかり。ハラール専用のコンテナを用意して、懸命にアピールした。

注目を集めたのは、鰹節ならぬ「鮭ぶし」。知床標津マルワ食品は全国展開の商品(1袋400円)宣伝のため、大量にサンプル品を展示したところ、大人気を博した。「訪日外国観光客向けのノベルティや販促品に好適ですね」と担当者は驚きを隠さない。
需要が着実に高まるオーガニック関連では国内外の200社が出品、お茶やコーヒーをはじめとする「健康志向食品」が揃った。さらに健康、安全・安心、美容など付加価値を持つ食品も大集合した。主な商品ラインはアサイー、エゴマ油、オーガニックワイン、ココナッツウォーター、グリーンスムージー、有機ドライフルーツ、ライスミルク、チアシードなど。いずれもここ数年、マスコミを賑わす話題商材ばかりだ。

知床標津マルワ食品が鰹節ならぬ「鮭ぶし」をアピール(左が真商品、右がサンプル品)
知床標津マルワ食品が鰹節ならぬ「鮭ぶし」をアピール(左が真商品、右がサンプル品)
羅臼昆布をクリームペーストに変身。写真左が10袋入りのギフト用(㈱ケミクル)
羅臼昆布をクリームペーストに変身。写真左が10袋入りのギフト用(㈱ケミクル)
昨年末に発売した栗の甘露煮「珈琲マロン」。栗をネルドリップ方式で抽出した本格コーヒーで味付け(クボタ食品(有))
昨年末に発売した栗の甘露煮「珈琲マロン」。栗をネルドリップ方式で抽出した本格コーヒーで味付け(クボタ食品(有))
ページトップへ戻る