CATEGORY

展示会

テーブルトップ誌上展示会「お洒落、華やか、特別感の新商品」

佐治陶器/グリル陶板や鳥獣戯画土鍋 三郷陶器/お洒落カップやユニバーサル食器 前畑/日常を特別にするコーヒーアイテム アイトー/口当たり良い泡作るビールタンブラー セラミック藍/紅型、古伊万里の華やかさを映す   続きは2020年9月号(8/15発行)掲載 購読のお申し込みはこちら

日本のグラフィックデザイン2020

東京ミッドタウン・デザインハブは86回目の企画展「日本のグラフィックデザイン2020」を7月10日〜8月31日まで、東京・赤坂の東京ミッドタウン・デザインハブで開催した。 同展は東京ミッドタウン・デザインハブを構成する3機関の一つ日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、2020年版のデザイン年鑑『Graphic Design in Japan』の発行を記念し、掲載品の中から約300点を実物 […]

テーブルトップ誌上展示会 「新形状、新技法、職人芸で開発」

コロナ禍の影響で、6月開催予定の「名古屋テーブルトップショー」は中止となった。そこで本誌は同ショー参加予定だったメーカー・商社に誌上展示会を提案。各企業の最新の新製品情報を誌面で発信してもらうことになった。 誌上展示会で紹介される新商品を見る限り、各企業の商品開発力に衰えは見えない。「新形状」「新機能」「新技法」がキーワードになる商品が目立ち、「職人技」への憧れと敬意が復活している。販売に関しては […]

成願2020秋冬/最高級コットン&技術の新ブランド

同社の「2020秋冬コレクション」は、一応の開催日程を設けたもののショールームは常時オープンとし、流動的な対応をとった(4月7日から東京、大阪で常設展示)。取引先の来場が困難な事態なので、今回は会場内の様子や新商品を写真撮影してパンフレットを作成、データ配信やサンプル送付で注文に応じる営業政策を敷いた。 展示会のコンセプトについて仙波一昌社長は、「マスクなどウイルス対策用の商品に緊急の対応はしてい […]

販促EXPO/盛り上がるスポーツビジネス

2月5日から7日の3日間、リードエグジビションジャパンが「イベント総合EXPO」と、「JAPANマーケティングウィーク・春」を幕張メッセで同時開催した。 「JAPANマーケティングウィーク」は販促、看板・ディスプレイ、店舗運営、営業支援、広告宣伝、ウェブ販促の6展で構成される。昨年に「販促ワールド」から名称変更し、開催時期も春と夏の年2回に変わった。今回の出展社数は約340社、来場者数は2万645 […]

地方創生EXPO/地域ブランド化に数々の成功例

2月5日から7日の3日間、リードエグジビションジャパンが「イベント総合EXPO」と、「JAPANマーケティングウィーク・春」を幕張メッセで同時開催した。 「イベント総合EXPO」はイベント総合、地方創生、スポーツビジネス産業、ライブ・エンターテイメントの4展で構成され、昨年より規模を拡大。約650社が出展した。来場者数は3万5467人に達し、昨年比9595名増を記録した。 「地方創生」の取り組みが […]

「テーブルウエア・フェスティバル」にギフト動向を探る

自分の個性で揃えたい、パーソナルギフトに伸長余地 日本最大級の器の祭典「第28回テーブルウエア・フェスティバル」が東京ドームで開催された。一般消費者が対象で毎年25万人以上の来場で賑わうビッグイベントだ。スペシャル企画やテーブルウエアコンテストを楽しむだけでなく、試食試飲、好きな器をその場で購入できるといった体験型コンテンツが充実し、30〜40代の女性ファンが毎年来場する。   約1万3 […]

ハリカ春夏商品企画見本市「儀礼ギフトのすばらしさを再認識」

ハリカが2月5日、東京都墨田区にあるすみだ産業会館センターで「2020年春夏商品・企画見本市」を開催した。 テーマは「心をつなぐ贈り物〜大切な想いと伝えられる儀礼〜」。日本の伝統や儀礼のすばらしさを再認識しようと新時代への期待を込めた。 会場中央では、儀礼ギフトで欠かせない「熨斗」をコーナーで展開。贈答の「答(返礼)」に焦点を当て、「内祝い」「香典返し」「お見舞い」など、多岐にわたる熨斗の表書きを […]

第3回ライフスタイルウィーク・春/新たな専門展を加え、女性客で大盛況

1月20〜22日まで、ライフスタイル商材が集結する「第3回ライフスタイルウィーク」が幕張メッセで開催された。主催はリードエグジビションジャパン。日本最大のコスメ専門展を同時開催し、出展社数は世界35カ国約1190社にのぼった。 今年は新規開催に「フラワープランツEXPO」と「国際文具・紙製品展」を迎え、雑貨、ベビー&キッズ、ファッション雑貨、テーブル&キッチンウエア、ヘルス& […]

アピデメッセ春夏「次世代に向け、専門店らしさを追求」

「アピデメッセ春夏2020」が1月15〜17日の3日間、マイドームおおさかで開催された。昨年12月に本社の新社屋が完成し、更なる飛躍を目指すアピデ。展示会は次世代を見据えた「ネクストニューステージ」をテーマに掲げ、「繁盛サポート」「オリジナル商品」の2本柱を核に、高額化と付加価値のある商品を一層強化する。 中村雅昭専務は「これからの時代は”“専門店らしさ”を打ち出すことが重要です。それには良質な商 […]